版画の技法
          お問合せ
トップへサイトマップ絵画買取ご注文方法入荷予約会社案内お問合せ
<<< 版画の種類 >>>

版の形式

木版(凸版)

銅版(凹版)

石版(平版)

孔版

版の種類

板目木版
木口木版

ドライポイント
エッチング
アクアチント

リトグラフ

シルクスクリーン

<<< 版画の技法 >>>
◇リトグラフ
リトとは、ギリシャ語で石という意味を持っており、直訳をすると石版画という意味になります。
木版画で言うところの木にあたる部分を、石灰岩を利用していたことから、そう言った呼び名になりました。
現在は、石は使わず、金属板で代用しているところがほとんどになります。

◇シルクスクリーン(セリグラフ)

特殊な絹(シルク)やポリエステルの布を版として使い、その絵柄以外の部分は覆ってしまい、絵柄の個所だけが布目を通して下に敷かれた紙などに写しとられていきますですからひとつの作品に対して使用する色数だけ版が存在します。複雑な色合いや大きなサイズの作品製作が可能となり均一な線、インクの盛り上がり、鮮明な仕上がり等から、多くの作家がこの技法を採用いています

◇ミックスドメディア
作品を制作する上で、2種類以上の技法をあわせて使う場合の名称。
(リトグラフとシルクスクリーンの両方を使用している場合など
◇アータグラフ
キャンバス上に版画が刷られ、版画の表面に、凹凸が付いており、原画の筆使いが忠実に再現されている技法になります。
工程として、コンピューター等を使い、原画の表面の凹凸を読み込み、版を製作していく場合と、シリコンのジェル等を使い、原画から、表面の凹凸を直接かたどる場合の2種類があります。

◇シバクローム
別名、イルフォクローム、クロモグラフとも呼ばれています。
通常の版画ともっとも異なる点は、版画が刷られているものが、紙ではなく、フィルムという点になります。技術的には、写真の応用とお考えいただければ、わかりやすいと思います。

◇ジクレ(ジクレ・アイリス)
製作するプリンターのメーカー名をとってアイリスと呼ばれることもあります。
まず、原画を高感度スキャナでトレースするか、原画のポジフィルムをトレースし、色彩をコンピューターで最大数十万色に分解、解析します。

このデータを利用し超ミクロなサイズのノズル(噴射口)から紙やキャンバスに各色を噴射する技法です。

非常に繊細な線のタッチ、微妙な色彩の変化、色彩の揺れなども逃さず再現することができ、現在最も原画に近い版画製作法といわれています。
★限定部数(エディション)
作品の限定総部数を意味し、HC、APなどの番外版画を除いて数えます。
一般に作家は自分の制作したオリジナル版画にサインのほか限定総部数を分母として分子に一連のエディションを記入します。

エディションにはアラビア数字を使用することが一般的で他にもローマ数字で表される場合もあります。
★エディション番号のローマ数字について
エディション番号にローマ数字を用いて表現をする場合があります。
例:LXIX/CCL = 69/250

I=1 II=2 III=3 IV=4 V=5 VI=6 VII=7 VIII=8 IX=9
X=10 XI=11 XII=12 XIII=13 XIV=14 XV=15 XVI=6 XVII=17 XVIII=18 XIX=19
XX=20.....
XL=40.....
L=50.....
LX=60.....
XC=90.....
C=100.....

ローマ数字は上記表のローマ字を大きい順に並べ表現します。例の、LXIX/CCLは、それぞれに分解すると、LX=60、IX=9、CC=200、L=50となり、69/250という意味になります。
なおエディションナンバーの分子の数の大、小にかかわらず、全く同等の価値があります。
300/1の1は1枚目に刷った作品という意味ではありません。
★エディション番号の頭文字について

AP版(EA版)
Artists Proofsの略:作家保存版という意味になります。EA版も同様の意味を指し、ヨーロッパの作家がよく使用します。

PP版
Printers Proofsの略:工房保存版という意味になります。

HC版
Hors de Commerceの略:作品販売当時の作品見本版という意味になります。

TP版
Trial Proofsの略:確定保存版という意味になります。

M版
Museum Editionの略:美術館用とう意味になります。

I版(ラッセン作品)
International Editonの略

CRL版(ラッセン作品)
Christian Riese Lassen Editionの略

GL版(ラッセン作品)
Gallery Lassen Editionの略



  HOME | 会社案内 | ご注文方法 | 良くある質問 | 売却方法 | お問い合わせ